うつ病の症状を理解する|心身共に丁寧な治療が大事

ウーマン

うつ病とストレス

うつ病の症状が進行してしまうと、動きが遅くなる、生きる希望がなくなったりして日常生活に支障をきたしてしまいます。そのため、早期でうつ病を理解してちゃんとした治療を行なうことが非常に重要になります。

うつ病の治療に必要なこと

看護師

うつ病の患者数は毎年増加しており、最近では誰しもがかかってしまう恐れのある身近な病気になってきました。そのため、うつ病の症状などを含めた正しい知識を把握する必要があります。基本的にうつ病は、心を健康に保つためのエネルギーが不足してしまうと発症する病気になります。落ち込んでいてもすぐに立ち直るどころか、うつ病を患ってしまうとエネルギーが十分に足りずに、ずっと落ち込んだままになってしまうでしょう。心無い人はうつ病患者に対して「心の弱さが原因ではないのか」「ただの甘えだ」「つらいのはみんな同じ」と誤解されることが多いうつ病ですが、そのようなことはありません。人の感情や心理を司っているところは脳になります。何らかの原因で脳の働きが弱まってしまうと心のバランスが崩壊されたままになってしまっていると捉えることで、うつ病についての理解も今より容易になるでしょう。また、体の調子と心の調子は関係しているので、憂うつな気分が続いてしまうと、色々な欲求も減少して身体のだるさが抜けきれなくなって、頭痛や発熱などの身体的な症状が現れるでしょう。誤解が多い病気ですが、物事の捉え方によって症状が軽くなったり重くなったするするわけではないことを、理解してください。身体の機能の一部が不調になっている状態、つまりは病気であることを本人を含めた周囲の人もしっかりと理解することが重要でしょう。

うつ病の治療方法には、その人の症状によって「休養」「薬物療法」「カウンセリング」を経過観察しながら組み合わせて行なっていきます。他の病気とは多少事情が異なる特殊なイメージをしがちですが、症状にあわせて適切な治療を行なうことでしっかりと改善に向かっていくことが出来るので、そう変わりはないでしょう。治療の中でも特に重要なのが休養です。身体が傷ついてしまったら休養して傷をいやすように、心のエネルギーを満たすためにも十分な休養が必要になります。生活環境がストレスになっている場合は、環境を変更してみるのも良い方法ですよ。うつ病の治療では、心身両方に向けた丁寧な治療が大事です。できるだけ早期に治療を始めることが望まれているので、そのためには心や身体が発信しているサインを見逃さずにキャッチすることが大切でしょう。また、症状が自覚した場合は、すぐに医療機関に行くようにして医師にうつ病の判断をしてもらうことです。

医者

うつ病患者との接し方

もし、自分の身近な人がうつ病の症状で苦しんでいればどのように対応すればいいのでしょうか。基本的に理解することが大事で、冷静になって話を聞いてあげましょう。また、自分の気持ちを押し付けることを行なってはいけません。

婦人

うつ病になりやすい性格

うつ病を発症してしまう原因は色々な理由があります。また、うつ症状が出やすいとされる性格が真面目な人、完璧主義者、自己表現が苦手な人となっています。うつ病のリスクを回避するためにも、少しずつ変えていくことが大事です。

カウンセリング

診察出来る病院を知る

うつ病の疑いがある場合は、出来るだけアルコールの摂取を控えるようにしましょう。また、受診する病院についても心療内科と精神科の違いを把握して、自分の症状に考慮して選びましょう。