うつ病の症状を理解する|心身共に丁寧な治療が大事

診察出来る病院を知る

カウンセリング

厚生労働省の調査によると、うつ病を含む精神疾患を患っている人は年々増加している結果があります。その中でも、うつ病を患っている人は大きな比率を占めており、精神疾患のうちの約3割はうつ病となっています。そういう面を見ると、うつ病は誰もがかかってしまう可能性がある病気でしょう。もし、うつ症状が現われてしまった場合は軽症のうちに治した方が良いと言われています。うつは気づかずに放っておくと、どんどん悪化してしまいます。無気力や睡眠不足、涙もろくなるなど心の症状のほかにも肩こりや頭痛、めまいなどの身体的な症状があります。心の症状で悩み苦しんでいるときに身体的な症状が現われて悩んでしまい、さらに心の症状が悪化してしまうという悪循環に陥ってしまうことがあります。いつの間にかに重度なうつ病になる可能性もあるので、なるべく軽症のうちに治療を始めましょう。

また、うつ病のときに絶対してはいけない行動があります。まず、暗い気分を高めようとして、アルコールを過剰摂取することは避けましょう。うつ症状が出ているときに深酒をしてしまうと、意識のストッパーが外れてしまって、それが原因で自傷行為をしてしまったり、より深く考え込んでしまうことがあり得ます。そのため、うつ病の疑いがある場合はなるべくアルコールの摂取をしないように心がけましょう。

うつ病と疑ったらすぐに病院に行くことが重要です。ですが、病院で診察を受ける際にどこの診てもらえばいいのか疑問になってしまうこともあるでしょう。現在ではうつ病は有名な病気になっているので、対応する医療機関も増えています。なので、病院ごとの特徴を知って、自分の症状に合ったところに診察を受けるようにしましょう。よくうつ病患者が行く病院に心療内科と精神科があります、心療内科は主に心が関係して発生している体の病気を治療するところになります。心と身体を総合的に観察して病気を治していくのが特徴でしょう。もし身体的な症状が強く現われている場合は、心療内科の受診でも問題ありません。精神科は主に精神疾患を治療するところです。心療内科よりも不安やうつ、イライラ、不眠症などの精神の不調が目立つ人はこの精神科の受診をおすすめします。このように病院によって特徴などが異なります。まずは、病院の特徴を理解して自分の症状に合ったところに診察を受けましょう。その際に、自分が通院しやすい病院を選ぶのがポイントです。